こばなしまとめ02

toaruburogaa.hatenablog.com

 

 

 

5. TED

 

好きなTEDの動画がある。

1つは、「友人の多さは、人生の幸福度にそのまま比例する」という動画。いけおじが聞き取りやすい英語でゆったり喋ってくれる。

 

www.ted.com

 

2つ目は、ちょうど今日思い出したんだけど、「30日間チャレンジ」というもの。

人は、30日かければ、プロにはなれずとも、新しい挑戦をしたということが出来る。ギターだって基礎の基礎くらいは弾けるようになるし、小説だって、拙いとはいえ出版して「小説家です」ということが出来る。

 

www.ted.com

 

 

このいずれも、中高の英語の授業で、先生が教材として使っていたもの。

他にも、洋楽を扱っていた記憶がある。

このおかげで英語が好きになった。

 

 

6. 環境

 

骨折中です。

かがむことが難しいです。屈伸は出来ません。腰も足も装具をつけておきなさいとの医者からの指示です。実のところは、装具なくても痛みはある程度無くなってきたのだけれど。

バイトは休んでいます。大学も、休学中です。外に出る用事は、週二回のリハビリしかありません。

 

今は、とっても暇な状態です。

 

自分のやりたいことを何でもできる環境です。

 

言い訳をして何も始めないことは簡単です。今まで通り過ごせばいい。

でも、それだとまた同じ道を辿ってしまう。実際、辿りそうに今のところなっている。

それではだめなのです。。。

 

7. 人間の欲望

 

病院にいる間は、そもそもスマホも何もありませんでした。なので、一番ゆっくりと時間を過ごしていました。しかしそこで漏らしていた言葉が「時間が無い」

今は、家に帰っています。外に出る用事もバイトもありません。

病院とは違って、スマホを自由に使えます。パソコンを自由に使えます。テレビも見れます。祖寿司やっぱり案の定「時間が無い」

 

人間の欲望は、際限のないものだと痛感します。私の欲望といった方がいいでしょうか。どこに行っても何をしても、常に「何か足りない」と感じてしまう。

テレビやスマホを持っていなければどれだけ幸せだったでしょう。お金持ちの生活なんて、想像もできなかったでしょうから。「生産性の高い」というイメージも、自分の中でしか持てていなかったでしょうから。

テレビやスマホを見ることで、そういった情報が、与えられる。自分の想像や自分の範疇を超えた領域の人間像が、与えられる。それを知ってしまったら、自分の足りないものを、否が応でも見せられてしまう。

 

「今」自分が何を持っているか。何をなすべきか。

「足るを知る」という言葉につきます。この社会で難しい言葉ではありますが。